旅馬の舞台裏

和休、家を買う

家の見学をしている家族のイラスト

家を購入しました。

2017年1月に団地に引っ越してから約5年。ようやく以前住んでいた家の処分もでき、改めて家の購入をすることになりました。

blog-waq3.hatenablog.com

和休の子供達は3人とも小学生。転校させないと決めていましたし、何よりも今住んでいるところは結構気に入っているので、近所で良い家はないかな?と探していました。

和休が住んでいるところは、かつて神戸市がニュータウンとして開発した所。開発時に建てられた家は、一軒の大きさは広いのですが、ゆうに築40年は経過しています。

ちらほらと古い家が取り壊され、新しい家が建つこともあるのですが、一軒の土地を二つに分けて30坪程度の家が建ちます。

古くてもいいから広い家が欲しいと、不動産屋さんにお願いしていたのですが、探し始めるとなかなか出てきません。

そんな折、やっと一軒の家が売りに出たのです。

不動産屋さんと一緒に見に行くと、家の広さは申し分ありませんが、和休が重要視しているガレージは狭くて、値段も予算を少しオーバーしているものでした。

その後、数回の家族会議と値段交渉を進めた結果、なんとかローンも組むことができ、新しい家を購入することができました。新しいといっても築45年なんですけどね。

新築当時にしては珍しい、ツーバイフォー工法で建てたというこだわりの一軒。

築年数の割には外観もきれいで、前の持ち主が、まめに手を入れていたことが分かります。

これからリフォームして、夏休み中には引っ越したいなと思っています。