富良野にある「北海道中心標」が国土地理院地図に掲載された話

北海道に詳しい方は、北海道の中心は、富良野市にある富良野小学校の隣「中心標公園」であることをご存知でしょう。

和休も2008年にバイクツーリングで富良野を訪れた際、教えてもらったのです。

北海道中心標碑

Yahoo!ニュースの記事

2020年1月20日Yahoo!ニュースに、『 富良野市の「北海道中心標」 やっと国土地理院地図に 79年に設置、指摘は昨年 』という見出しの記事が掲載されました。

これによると、大正時代初期に測量のため富良野に訪れた京都帝大教授が、「北海道の中心」として「北海道中央経緯度観測標」を建てたそうです。

その後、1979年に「中心標公園」が整備され、北海道の中心に「北海道中心標碑」が設置されたとのことです。

2019年夏、中富良野町にお住いの地図収集家・天池さんが国土地理院の25,000分の1地形図に記載されていないことに気づき、国土地理院に連絡。

これを受けて国土地理院は調査を開始し、2019年11月末にweb上の国土地理院地図に掲載されたそうです。

国土地理院地図で確認!

さっそく、国土地理院地図にアクセスして、「北海道中心標碑」を確認しましょう。

北海道中心標が掲載された国土地理院地図
北海道中心標碑が記載された国土地理院地図 2020年1月25日画像取得

地図の中心に学校を表す「文」の記号があります。ここが富良野小学校です。

そして、その左隣にある地図記号が「北海道中心標碑」です。

記念碑の地図記号

記念碑の記号は、立像(りつぞう)を含めた有名なものをあらわします。良い目標となるものは有名でなくてもあらわしています。

特に有名なものにはその名前もいっしょに表示しています。

この記号は、石でできた記念碑を前から見た形とその影の形を記号にしました。

国土地理院のHPから引用

確か和休も撮影したはず

この記事を読んで、記念碑をデジカメで撮影したはずと思い出し、ハードディスクを探してみるも見つからず。

よく思い出してみると、和休が北海道中心標碑を見たのは夜だったので、撮影していなかったかもしれません。

ただ、せっかくここまでこの記事を読んでくださった皆様に、「富良野」、「中央」というキーワードつながりで、とっておきの写真をお見せしましょう。

中央ハイヤーの行灯

じゃん!

なんだかわかりますか?

これは、富良野にあるタクシー会社「有限会社 中央ハイヤー」さんのタクシーの行灯なのです。

www.chuo-hire.com

中央ハイヤーの行灯
ホテルナトゥールヴァルト富良野前にて 2008年7月31日撮影

全体はこんな感じ。めっちゃかわいくないですか?😊

中央ハイヤーの行灯

夜の写真もありました!