旅馬の舞台裏

四国の雨天走行で汚れてしまったバンディット1250Sを洗車しました

10月16日から18日まで、職場のバイク仲間たちと四国にツーリングしてきました。

10月16日の夜、大阪南港から愛媛県東予港行のオレンジフェリーに乗船し、17日、18日と四国を楽しみました。

www.orange-ferry.co.jp

うきうきして四国に上陸したものの、あいにく、17日は終日雨天で楽しさは半減。

さらに濡れた落ち葉が道路に敷き詰められていたところも多く、滑らないように緊張した走行を強いられました。

この雨天走行でバンディットはドロドロ。ツーリング後、やっと時間が取れたので、下回りを中心に洗車しました。

四国ツーリングで汚れてしまったバンディット1250Sを洗車しているところ

バケツで水をかけると、あちこちの隙間から砂や泥が出てきます。こんなときは、ホースが使える水道があったら便利なんですけどね。

トップケースへの泥はねが酷い

特にトップケースの底がひどく汚れていました。

バンディットはリアフェンダーが短いので、泥の跳ね上げが酷いのです。

GPZ1100のリアビュー

和休が以前乗っていたGPZ1100は、リアフェンダーを延長していたのでそこまで汚れなかったのですがねぇ。

下回りを中心に水をかけていたら、気が付くと出かける時間になってしまい、洗車を中断。上の方は、後日改めて洗ってあげることにしました。