神戸市の母子手帳のデザインが新しくなります

10月から、神戸市の母子手帳が新しくなるそうです。


「ファミリア」という神戸発祥の子供服メーカーをご存知でしょうか。

www.familiar.co.jp

創業者の一人、坂野 惇子(ばんの あつこ)氏は、連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインモデルであります。

www6.nhk.or.jp

戦後間もないころ、子ども達の幸せを願って良質な素材としっかりした縫製で愛情あるベビー服を作りたいと、女学校時代の友人4人と「ベビーショップ・モトヤ」をオープン。

女学生時代に習った手芸などの技術を生かして、ベビー用品を販売しました。

1950年、ファミリアを設立。製造から販売まで一貫経営し、子供服の代表企業に成長しました。

神戸では私立の女子高生や女子中学生の間で、ファミリアの鞄を通学鞄のサブ鞄として持つことが一種のステータスになっています。

新しい神戸市の母子手帳は、株式会社フェリシモが企画し、ファミリアのデザインが採用されました。

新しい母子手帳はこちらです。2017年10月2日の届出分から置き換わるそうです。

神戸市のホームページから引用しました