格安SIMのデータ通信用SIMでも音声通話できるアプリを入れました

和休のiPhone6s

先日中古ショップで購入したiPhone6sが届きました!

和休が購入したイオシスというショップは、現物の写真は掲載されていなくて、商品の程度を程度の良い方からA、B、Cというランクで表示されるだけでした。

iosys.co.jp

和休のiPhone6s

どうせGPSロガーのテストにつかうだけ、と思って、一番安いCランク(使用感あり)というものを選んだのですが、届いてみてびっくり。めっちゃキレイなんですよ。

バッテリーがどのくらい弱っているかはわかりませんが、外観はどうみても7,000円で買ったとは思えません。ちなみに、iPhone6sって発売当時は6万円もしたんですよ。

イヤホンとかライトニングケーブルの接続口には確かに細かいキズがありますが、知らない人に見せたら新品?と思うぐらいキレイなものが届いたんです。

実はこれにはちょいと訳があって、和休の買ったiPhone6sは、ネットワーク制限が▲になっています。

ネットワーク制限が▲という意味は、前オーナーが端末代をまだ支払っている状態で、支払いがストップするとネットワーク制限が×、つまり3GとかLTEの回線で通信することができなくなってしまうのです。いわゆる「赤ロム」という状態ですね。

つまり、ある日突然使えなくリスクが潜んでいる端末になります。

ネットワーク制限確認画面
和休のiPhone6sを確認してみました

ソフトバンク端末のネットワーク制限はここで確認できます。

https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

イオシスのHPによると、ネットワーク制限が▲であると、相場より5,000円ほど安くなるそうです。

さらに、イオシスはネットワーク制限に保証がついていて、万が一、赤ロムになってしまったら、返金又は同程度のものと交換してくれるサービスがあります。

安心ですね。

このiPhoneには、データ通信専用のSIMを入れる予定なのですが、メインスマホが故障等で使えなくなっても、妻とはなんとか連絡が取れるように、iPhoneにも音声通話ができるアプリを入れることにしました。

和休が選んだのは、「SkyPhoneスカイフォン」というアプリ。国産のアプリで、無料でダウンロードでき、とてもシンプルな機能がウリのアプリです。

www.skyphone.jp

セットアップも簡単。アプリをインストールして、8桁の番号を取得したら、早速使うことができます。LINEのように、アドレス帳をサーバーにアップロードするようなこともありません。

ただし、LINE Outのように、一般の電話と通話する機能はありません。

SkyPhoneアプリ間での通話は、データ通信料のみでOK。

実際に妻と通話してみたところ、会話が遅れて届きますが許容範囲。LINEの音声通話と同じぐらいの通話品質で、相手の声もしっかり聞こえました。

あとは、雑音の多い屋外で使ってみてどうか。色々試してみたいと思います。

和休のタブレット

これは和休のタブレットIIJmioのデータ通信専用のSIMを入れています。

www.iijmio.jp

SkyPhoneの着信
照晴くんから着信❗

この通り、音声通話をすることができます。