旅馬の舞台裏

神戸の登山鉄道「神戸電鉄」チョイ乗り記

2021年7月26日、和休は人間ドックを受けてきました。

病院からの帰り、久しぶりに一人の時間ができたので、小さな行き当たりばったり旅をしようと思いついたのです。

人間ドックを受けた病院の最寄り駅は、神戸電鉄湊川みなとがわ駅。

神戸電鉄とは、湊川駅と三田さんだ駅、三木みき駅、小野おの駅を結ぶ69.6kmの鉄道です。

www.shintetsu.co.jp

和休、神戸に住んでいるにもかかわらず、神戸電鉄にはほとんど乗ったことがありません。せっかく始発駅近くにいるし、ヒマつぶしにもなるし、ということで、湊川駅の改札をくぐったのでした。

神戸電鉄は登山鉄道!?

神戸電鉄・湊川駅
神戸電鉄湊川駅の駅名標

湊川駅は、地下駅になっています。

地下区間の出口

湊川駅を出発してしばらくすると、地上への出口が見えてきました。

神戸電鉄からの車窓

トンネルを抜けると住宅街になりました。

そして、かなりの勾配(坂)を登っていくのがわかるでしょうか。

神戸市は、東西に長く伸びていると思われがちですが、実は南北にも広がっているのですよ。

ただ、神戸市の南北を分ける中間地点には、六甲山という山脈が横たわっているため、街は東西に広がって発展していきました。

神戸市を南北に移動するには、六甲山を登るか、トンネルを通るしかありません。

神戸市営地下鉄が全長7,276mの「北神ほくしんトンネル」で六甲山をブチ抜いて南北を結んでいるのに対し、神戸電鉄は六甲山を越えて南北を結んでいます。

神戸電鉄からの車窓

列車は、急こう配をものともせず、グングンと登っていきます。

全国登山鉄道パーミル会

ところで、「全国登山鉄道パーミル会」という会をご存知でしょうか。

www.nankai.co.jp

「観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している」という点で共通している6社が、山岳路線の魅力をお伝えすることを目的に、2009年9月に結成しました。
2019年3月には、長野県で運行している「アルピコ交通」が新たに加入しました。

南海電気鉄道のホームページから引用 https://www.nankai.co.jp/koya/permil/

登山鉄道パーミル会とは、観光地が沿線にあって、登山鉄道としての性格を有している鉄道会社6社が2009年に結成した親睦団体です。現在は、長野県の「アルピコ交通」が加わり、7社となっています。

  1. 南海電鉄
  2. 叡山電車
  3. 神戸電鉄
  4. 箱根登山電車
  5. 富士急行
  6. 大井川鐵道
  7. アルピコ交通

パーミル」とは、鉄道における勾配の斜度を示す単位で、1,000mで何メートルの高度差があるか、を示しています。単位は、「‰」です。

鉄道は鉄のレール上を鉄の車輪が走ることから、アスファルトの上をゴムタイヤで走る車やバイクに比べて、走行の抵抗が少なく済むのですが、坂を上り下りするには逆効果で、上りは滑って登れない、坂を下るときはブレーキをかけても車輪がロックしてしまって、そのまま坂の下へ滑り降りてしまうおそれがあるのです。

つまり、鉄道は坂道が苦手なんですね。

大井川鐡道 アプト区間
大井川鐡道 アプト区間 中央にあるレールが「ラックレール」

2021年現在、日本で最も急な勾配を有する鉄道は大井川鐵道で、90パーミルというもの。

この区間を通過するために、「ラックレール」という専用のレールがレール中央部に敷かれ、専用の電気機関車がそのレールと車体に設けた歯車をかみ合わせて、勾配を昇り降りしています。

daitetsu.jp

大井川鐡道 アプトいちしろ駅で機関車を連結
大井川鐡道 アプトいちしろ駅で機関車を連結

大井川鐡道 アプト区間
大井川鐡道 アプト区間

神戸電鉄からの車窓

神戸電鉄にはここまで急な勾配はありませんが、それでも50パーミルという急勾配が存在しますし、路線の8割が勾配という、登山鉄道といってしまっても恥ずかしくない鉄道ですね。

神戸電鉄からの車窓

また、神戸という大都市の街中から出発し、純粋な観光鉄道ではなく、地域の足として多くの通勤客を運んでいることも、他社にはない特徴でしょう。

鵯越駅で下車

神戸電鉄鵯越

神戸電鉄・鵯越駅到着

さて、列車は「鵯越ひよどりごえ駅」に到着しました。

神戸電鉄・鵯越駅を発車する神戸電鉄

和休はここで降りて、バスで自宅方面へ向かうことにします。

神戸電鉄・鵯越駅から三田方面を眺める

鵯越駅のホームから三田方面を見たところです。

線路わきに、勾配を示す「勾配標」と呼ばれる標識が見えます。

50パーミルの勾配標

「50」と書いてある白い杭のようなものが勾配標です。「50」は50パーミルを示し、腕木が上方向を向いているので、上り坂を示しています。

神戸電鉄・鵯越駅付近

神戸電鉄の乗車体験は、ここまで。

このあと、駅の近くをウロウロして、バス停に向かってみたいと思います。

blog-waq3.hatenablog.com