ライトニングケーブルのカールコード化

iPhoneを充電したりデータ通信するときのケーブルは、一般的なUSBケーブルではなく、ライトニングケーブルというケーブルを使用します。

 

 

先日、和休のバンディット1250Sに、雨対策を施したUSB電源を装着しました。

 

waq3-travelog.com

 

 

GPSロガーとして装着しているiPhoneに電気を供給するためにライトニングケーブルを接続するのですが、電源とスマホケースが近いので、その長さは30cmほどあれば十分なんです。

 

手持ちのライトニングケーブルは1mのものだったので、短いものを買いなおそうかと思ったのですが、たまたま見かけたネットの記事でUSBケーブルをカールコード化した記事を見かけたので、和休も真似してみることにしたのです。

 

 

ちなみに「カールコード」とは、よく使用されているのは電話機と受話器の間をつなぐ線です。

 

ツタのようにくるくると巻かれた線で、伸び縮みするようになっていて、使わないときは短くまとまるようなコードです。

 

一応市販品もあるようです。

 

 

ざっくりした作り方としては、適当な丸い棒(菜箸がちょうどいいかも)にライトニングケーブルを巻き付けていき、ドライヤーやヒートガンで熱したあと冷ますことでカールしてまとまるそうです。

 

では、早速やってみましょう。

 

 

ライトニングケーブルと丸い棒

 

用意したものは、1mのライトニングケーブルと、あさがおの栽培につかうツタをからませるための丸い棒です。

 

 

ライトニングケーブルを丸い棒に巻き付けたところ

 

ライトニングケーブルを丸い棒にきつく巻き付けていきます。

 

このあと、ドライヤーで少し熱くなる程度に熱し、一晩冷まして出来上がり。

 

 

ライトニングケーブルをカールコード化

 

棒から外してみるとこんな感じ。残念ながら市販品のようにきれいなカールにはなっていません。

 

さらにこの状態では縮もうとする力が弱く、一旦伸ばすとだらしなく伸びてしまいます。

 

縮み力を強化するには、「逆巻き」というそうですが、先ほどの棒に逆巻きにして巻き付け、熱して冷ますという工程を加えることが必要です。

 

 

カールコード化したライトニングケーブルをスマホケースにセット

 

逆巻きを行ったライトニングケーブルをスマホケースにセットしたところです。

 

ちょうど良い長さになりました。